知的財産権・IT

  知的財産権・IT

知的財産権・IT

今日、知的財産権を巡る紛争は、後を絶ちません。知的財産権の内容は特許権、商標権、著作権等多岐に渡り、また、紛争の種類も損害賠償請求、差止請求、職務発明対価請求、 審決取消請求等様々です。 このような時代において、企業が自社の知的財産権を有効に活用するためには、知的財産権に精通した弁護士とともに、当該企業にとってベストの法的スキームを構築することが 非常に重要です。さもなくば、自社が権利の保有者であると適切に主張できないばかりか、他者(他社)から権利を不正に使用しているとして、莫大な損害の支払いを求められる可 能性があります。 また、今日では、いうまでもなく、ITの進歩によりビジネスの形態も変化しており、これに伴い、会社法、著作権法、特定商取引法をはじめ、多くの法令の改正も行われており ます。ITの進歩は一層の加速が予想されますので、企業においても必要となる法的サービスが変化し続けることはいうまでもありません。 当事務所では、これらの知的財産権やITビジネスに対応した案件について、最良の法的サービスを提供しております。

知的財産権

商品開発、ビジネスモデルの活用、出版、音楽、キャラクター、デザインに関するビジネス等の様々な場面において、知的財産権に関する問題が生じます。 当事務所では、クライアントがその知的財産権を十分に活用できるよう、提携する弁理士を通じての出願をはじめ、その権利活用のための契約書等の作成を行っております。また権利について紛争が生じた場合は、交渉、訴訟を問わず、権利がクライアントに帰属することを確認させ、または相手方に金銭を賠償させてクライアントの被害回復を図る等、紛争処理においても実績を有しております。 具体的に、著作権の分野については、音楽、出版、美術、写真等の多種多様なジャンルにおいて、使用許諾契約、ライセンス契約、著作権譲渡契約等の契約書の作成、締結交渉、訴訟対応を行っております。 商標の分野においては、商品やサービスに用いられるマーク、店舗看板等、特許の分野については技術開発に限らずビジネスモデルの活用についても、弁理士を通じた出願をはじめ、上記と同様の各契約書の作成、締結交渉、訴訟対応等の紛争処理を行っております。

IT

インターネットを含むITは、企業のビジネスツールとして不可欠なものとなっており、法のあらゆる側面に影響しております。 当事務所では、その日々進化し続けるITのスピードに後れをとることなく、ITシステムの特許化、ソフトウェアの開発、使用許諾、販売等の契約、ウェブサイト上の電子商取引、電子書籍の販売等の多くの場面において、契約書等の各書面の作成、訴訟対応等の充実した法的サービスを提供しております。

【受付時間】
平日10:00~18:00
【定休日】
土・日・祝
ページの先頭へ
Copyright © みらい総合法律事務所. All rights reserved.